ベトナム人彼女との生活

ベトナム人と付き合うようになって経験したことを発信していきます

一年記念日レポート(2)~恵那峡国際ホテル~

こんにちは、takeです。

 

記念日レポート記事第2弾です。

今回は宿泊施設について紹介していきます。

 

第1弾では恵那峡を訪れたことを記事にしました。

 

www.camonvietnam.work

 

そして、なぜ恵那峡を選んだかと言うと、今回紹介する宿泊施設があったからと言っても過言ではありません。

 

サブタイトル通り、私たちは恵那峡国際ホテルに宿泊しました。

 

恵那峡国際ホテル

 

恵那峡国際ホテルは恵那峡遊覧船乗り場のすぐ近くにあります(徒歩5分)。

実は先に希望通りのホテルが見つかり、それから出かけ先を決めた格好でした。


f:id:camonvietnam:20190705004801j:image

恵那峡国際ホテルは湯快リゾートグループに属するホテルの一つです。

湯快リゾート 恵那峡国際ホテル【公式】 | 恵那峡温泉)

詳細は上記ホームページを見て頂けるといいですが、私が気に入った点を紹介していきます。理由とともにランキング形式で発表します。

 

第一位 客室露天風呂がついていること

なんといってもこの条件を満たすホテルを頑張って探しました。

彼女は温泉に入ったことがなかったのですが、一度温泉旅館に泊まってみたいと話してました。そこで温泉施設をいくつか探していた中で、客室露天風呂というキーワードを見つけました。

普通の温泉施設でも私個人的には楽しむことはできるのですが、彼女は温泉に入ったことがないので、どのように利用するかが分かりません。その点を解決できることも今回の場合良かったです。

 露天風呂はこんな感じです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
f:id:camonvietnam:20190706142847j:image


f:id:camonvietnam:20190706142908j:image

 

くつろぐには十分な広さで、とても快適でした。

偶然でしたが湯舟に浸かっていると、1匹の蛍が飛んできました。生で蛍を見るのが初めてのことだったので感動しました。まさかお風呂に入りながら蛍を見れるとは、なかなか風情のある時間だったと思います(笑)。 

 

第二位 バイキング形式の夕食

ホテルのご飯についてですが、夕食・朝食共にバイキング形式となっております。

今まで彼女と泊りがけで出かけた際、ホテルは素泊まりで夕食や朝食等はホテル外でしてきました。というのも、彼女の好き嫌いが多いからです。基本的になんでも食べることはできるのですが、美味しい、美味しくないの判定が厳しく、料理の質というよりも好みの味付けの食べ物が少ないです。当たり前ですが彼女の舌はベトナムの味付けで育っています。ですので、彼女の言う美味しいと日本人の言う美味しいにずれが生じることが多々あります。

彼女の場合、質の高い料理を食べてもらうより、好きなものを選んで食べられる方が重要なのです。

実際に行ってみて分かったことですが、料理の種類がとても多かったです。主食で言えばご飯、麺、パンと一通りそろっており、焼き魚や煮魚、漬物など日本食に始まり、お寿司や中華などたくさんありました。デザートにはパイナップルやライチ、マンゴーなどのフルーツやシフォンケーキ、ミニケーキなどなど、充実してます。ソフトドリンクも無料ですのでりんごジュースやオレンジジュース、コーヒー、紅茶、基本的になんでも飲めます。

バイキングというと少しチープな印象を持ちますが、好きなものを選んで食べることができるという点は、食の好みを外す心配がないのでおすすめです。もう一つ加えると、食べる量も各々で決められるので、小食であったり大食の場合でも問題ないという安心感もあります。

 

第三位 チェックアウト時間が12時

みなさんはチェックアウト時間に追われたことはありませんか?

多くのホテルはチェックアウト時刻は10時というのが多いと思います。その点において恵那峡国際ホテルは12時チェックアウトです。朝食も9時まで営業しているので8時に起きれば急ぐことなく食事をすることができます。

私たちは8時にアラームをセットし、食事に行ったのは8時30分でした。ゆっくり食べていると時間は9時を回ってしまいましたが、ホテル側か急かされることもなく9時10分ごろまでレストランにいました(笑)。

まったりと過ごすというのがテーマで言葉通りまったり過ごさせてくれました(みなさんは時間を守りましょうね)。

食事後には、朝風呂で露天風呂を満喫して11時ごろまで利用させて頂きました。

 

第四位 無料の娯楽サービス

 まずサービス施設を挙げると

・卓球コーナー

・カラオケ

・漫画コーナー

 です。

時間帯に制約のあるものもありますが、無料で楽しめます。私たちは卓球だけ利用をしましたが、誰一人として利用している人はおらず貸し切りでした。卓球コーナーには予約用紙に利用したい時間に名前を記入しておくことで希望の時間に遊ぶことができます。ただ私が利用した日には予約は全くなくいつでも使える状態でした。

漫画コーナーでは一組の若い子連れ夫婦がいただけでこちらも混雑している様子はありませんでした。

 

上記の施設の他にもマッサージチェアーが置いてあったり、ゲーム機も一つ置いてありました。彼女と少しゲームで遊んでみましたが、彼女はゲームをしたことがないのでそれはもうめちゃくちゃでしたね(笑)。簡単だと思ってマリオカートをやってみたのですが、スタートした3秒後にはコースから外れ、壁にぶつかり続けるという無限ループ。初めてゲームをやるとこうなるのかと知らされました(笑)。

ちなみにゲームはニンテンドークラシックミニ(ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン | 任天堂)が置いてありました。2017年に発売されたみたいですが、私は全然このゲーム機の存在を知りませんでした。幼少期の記憶が戻るようで懐かしかったです。リンクも貼ったのでスーファミ世代の方はご覧ください(笑)。マリカーやらスト2、星のカービィスーパーデラックス、幼稚園から小学生にかけてよくやってました。

 

さいごに

 

 今までは旅行の宿泊先というと、値段優先でビジネスホテルに泊まっていました。ビジネスホテルは寝泊まりするだけの場所であって、娯楽施設ではありませんね。今回は記念日でしたし、ホテルも含めてまったりと過ごしたく思いこの宿泊先を選びました。

今回のホテルの費用は2人でおよそ2万円です。

宿泊プランは「ハッピープラン(B)プレミアムルーム」というもの予約しました。プレミアムルームというのが露天風呂付の客室を表しており、通常の部屋料金に2000円(一人当たり)を追加することで利用することができます。ホテルを見たところ、プレミアムルーム2部屋しかありませんでした。もし興味のある方は早めに予約することをお勧めします。

 

次回、「一年記念日レポート(3)~記念日のプレゼント~」を記事にしたいと思います。

記念日レポートは次回が最後になる予定です。

 

ではでは🇻🇳