ベトナム人彼女との生活

ベトナム人と付き合うようになって経験したことを発信していきます

ベトナムのホテル(1)~A25ホテル~

こんにちは、takeです。

 

先日、当ブログ「ベトナム人彼女との生活」のtwitterアカウントを開設しました。

 

www.camonvietnam.work

 

開設の目的の1つとしてみなさんのご意見やご感想、ご質問等を収集することがあります。

そんな中ホテルについての質問があったので、今回はこのような記事を書きます。

ご質問に関しては私の分かる範囲で回答したいと思います。しかし分からない場合もあると思うので、その時はご容赦ください。

 

では、私が利用したホテルについて紹介します。

結論から申しますと今回泊まったホテルには満足しています。しかし、日本のレベルで考えたらありえないこともたくさんありました。ただ安全かつ十分な清潔さを満たしていたので問題はなかったと考えています。

 

A25ホテル

「A25ホテル」というのは、ホテルのグループ名です。日本でいうと「ルートインホテル」や「マリオットホテル」と同じくくりです。

インターネットで「A25ホテル」と検索するとすぐに見つかります。実際に調べてみると予測変換には「A25ホテル ハノイ」「A25ホテル ホーチミン」と出てきます。つまり都市部に普及しているホテルということですね。

ホテルの種別はビジネスホテルと表記されています。

 

A25ホテルは街の至る所に建てられていました。

旧市街地や広い道路などタクシーの移動中何度も見かけました。

観光目的で訪れる場合であれば、行先に合わせて近場のA25ホテルを選ぶことも可能でしょう。


f:id:camonvietnam:20190823124557j:image

ホテルの名前は「A25 ○○△△△△」と表記されています。○○には番地、△△△△には道路の名前が入ります。

○○△△△△の部分は住所を表しているので、そこをタクシーを運転手に伝えるとすぐに向かうことができます。しかし、タクシーの運ちゃんであっても番地までは完全に把握していないこともあります。住所どおりの道路までは辿り着きますが、最後は建物を自分で探すことになります。

もしタクシーでホテルに向かう際は、一緒にホテルを探してあげるといいと思います。見つけるとたとえ反対車線でも強引にUターンしてくれるのでホテルの前まで行くことができます(笑)。

 

日本語では「A25ホテル △△△△」と道路の名前のみ表記されています。ネットで調べると日本のサイトも見つかるので、予約等で困ることはありません。

 

A25 Hotel Phan Chu Trinh

日本語読みをすると「ファン チュー チン ホテル」です。

このホテルが今回私たちが滞在中に利用したホテルになります。

エントランスは上記の写真のようになっており、エントランスの外にホテルの従業員が一人椅子に座っています。その従業員の役割はホテルの受付までの案内、タクシーからの荷物運び、防犯といったところだと思います。

最初、私たちがホテルに着いたときにはすぐにタクシーの近くまで駆け寄り、トランクからキャリーケースを持ち出し受付まで運んでくれました。受付まで運ぶと椅子に戻り外を見まわしていました。

 

ホテルに限らずお店の前には椅子が置いてあり、座ってお客さんが来るのを待っていることは多くあります。用があるときには彼らに声をかけるといいでしょう。

 

受付を済ませると部屋の鍵を渡されます。

 

ホテルに泊まった感想

今回のホテルの予約は現地に住む彼女の知り合いにお願いしていました。そんなわけでホテルの名前を知ったのも出発の前日という、普段ではありえないことです(笑)。

 

おおよその客室の様子はネットでも見ることはできるので詳しく知りたい方は下記ページにアクセスして下さい。

www.agoda.com

 

上のサイトを見たところ私が止まった部屋の種類は「ダブル スーペリア」だと思われます。

 

実際にホテルを探している方であれば以下のようなことが気になるのではないでしょうか。

・客室の広さ、きれいさ

・バス、トイレ

・アメニティ

・部屋のロック

・エアコン、冷蔵庫等の電化製品

・料金

・ホテルマンの接客

 

では一つ一つ私の感想を述べていきます。

 

客室

まずは一番重要なベッドについて。正直ベッドが悪かったらホテルじゃないと思ってます。客室のベッドはふかふかで申し分もなかったです。f:id:camonvietnam:20190823223451j:image

 

部屋の家具は椅子が2つと丸テーブルが一つ、テレビは壁に取り付けられておりその下に長いテーブルも設置されています。

テーブルの下に冷蔵庫が置かれており、サイズは通常のビジネスホテルと変わらない大きさでした。

一応ベランダもありましたが、こちらはエアコンの室外機置場となっており外に出るための場所ではなさそうです。

 

バス、トイレはこんな感じでした。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓f:id:camonvietnam:20190825081221j:image

 

トイレは洋式トイレが設置されており、清潔さもありました。ただウォッシュレット等の設備はありません。私は使わないので関係ありませんが、、、。

バスタブにはジェットバスがついていました。こちらも使用しなかったので使い心地は分かりません。シャワーの圧力も問題はなかったです。実際にシャワーを浴びるときにはバスタブに腰掛け、ゆったりとすることができました。

また、ボディソープ、シャンプー、ハンドソープの3点もあります。

 

アメニティはバスタオル3枚、中サイズタオル3枚、歯ブラシ2本、寝間着2着が用意されていました。

通常タオルは人数分しかないような気がしますが、3組用意されてました。多い分には構いませんね。

 

さいごに

「ベトナムのホテル(1)」ではA25ホテルについてと私が泊まったホテルの客室について紹介しました。

次回「ベトナムのホテル(2)」では、残りの4点について感想を述べたいと思います。

・部屋のロック

・エアコン、冷蔵庫等の電化製品

・料金

・ホテルマンの接客

 

また、もしホテルについて「こんな所はどうだった?」のような質問等ありましたら、コメントお願いします。

 

ではでは🇻🇳