ベトナム人彼女との生活

ベトナム人と付き合うようになって経験したことを発信していきます

バレンタインのお話(1)

こんにちは、takeです。

 

2月14日はバレンタインデーでした。

みなさんはチョコレート貰いましたか?渡しましたか?

 

今回はバレンタインにまつわる私と彼女の話をしたいと思います。

 

とその前にバレンタインの文化についてのお話をします。

バレンタインと言えば、女性が男性にチョコレートを贈るといった慣習が日本にはありますね。

しかし、この慣習は日本に限った話でして、多くの国では男性から女性にチョコレートまたは花などのプレゼントを挙げることが一般的のようです。ベトナムにおいてのバレンタインはというと後者の男性から女性へというのがお決まりです。

また、バレンタインデーにチョコレートを貰った男性はホワイトデーになるとお返しをすると思います。

しかし、このホワイトデーにお返しというのも日本独特の慣習のようです。そのため、ベトナムではバレンタインに男性がプレゼントをするからと言って、女性からお返しが返ってくるわけではないのです。

 

実はこの前置きの話ですが、去年のバレンタインデーのとき私はこの風習を知りませんでした。そして、その結果何が起きたか、、、今回はそんな話をしていきます。

 

会社のベトナム人からチョコを貰う

事の発端はこの見出し通りです。

そうです、去年のバレンタインデーに私は会社のベトナム人(Gちゃん)からチョコレートを貰ったのです。

Gちゃんは別の部署の人だったのですが、時々仕事で関りがあってそのときに少し話す程度の仲でした。

そのときの記事もあります。

 ↓↓↓↓↓

www.camonvietnam.work

 

 

正直この記事を書いたときは、単純に貰えたことにびっくりして、それなりに嬉しさもありましたね。ただ彼女にこの事実を隠すのはいけないと思い、いつもの電話をするときにチョコを貰った話をしたんですね。

私はなんでも話した方がいいと思い一連の出来事を彼女に話しました。がしかし、タイミングと伝え方がまずかったのか、しばらく険悪な空気が流れることになったのです。

 

今までに何度か彼女の機嫌を損ねたことがありますが、このバレンタイン事件は付き合ってからは初めてのことでした。もう何を言ってもダメで、機嫌が直るまでは時間と労力が必要でした。当時はなぜそんなに怒っているのかがなかなか理解できなくで仲直りするのに苦労した記憶があります。

 

彼女の反応という記事も書いていますが、記事では笑える範囲内の内容のみが記載されていますね(笑)。

 

www.camonvietnam.work

 

当時の私には彼女がめちゃくちゃ怒っているといった記事を書く余裕はありませんでした。ほんとに当時はベトナムのバレンタインについて知らなかったので、すぐに許して欲しかったものです。

 

今年のバレンタインデー

さてこんな出来事のあった去年のバレンタインでしたが、今年はというと何もありませんでした。というのも昨年末に部署移動があったことで、今仕事をしているところには女性が一人もいないんですね。そんなわけで変にバレンタインの心配をすることもなく無事!?バレンタインデーは終わりました。

 

ただ彼女からは今年もGちゃんからチョコ貰いますか?みたいな話もされるんですね。バレンタインに限らず、私はGちゃんと浮気をするみたいな話はときどきしてきます。

私のこの一回の過ちはこれからもずっとずっと彼女の根に持たれるだろうと覚悟しています。

 

私から彼女へのプレゼント

波乱の去年のバレンタイン、平和な今年のバレンタイン。

そんな今年は彼女にプレゼントをすることにしました。

プレゼントしたものはミニブーケです。

お花屋さんを少し見ていると、両手のひらに収まるほどのミニブーケが飾ってありました。今までも何度かブーケを購入したことがありますが、小さなブーケも可愛らしくていいものだなと思い選びました。

そしてブーケには「HAPPY Valentine vợ yêu 」というメッセージカードをつけて贈りました。メッセージカードの裏にはマッサージ券とも表記しておき、私の彼女は私のマッサージを受けることができます(笑)。


f:id:camonvietnam:20200215172631j:image


f:id:camonvietnam:20200215172646j:image

 

彼女の反応

こんなプレゼントをした私takeですが、彼女がどんな反応をしてくれたが、そこが重要ですね。

 

バレンタインデーの数日前から彼女からお話がありました。

 

「takeはバレンタイン何がほしいいですか?」

「でも今お金がないですから、何もあげられないです。ごめんね、take、、。」

「takeは私に何をプレゼントしますか?私はお金が欲しいです、たくさんお金が欲しいですよ。」

 

彼女は冗談がとても好きで、そのネタの一つに「お金たくさん下さい」という定番があります。彼女というかベトナム人の多くは冗談を言うのが好きだと思います。

ときにFacebookのタイムラインにはたくさんの冗談が流れていますから。

 

そんな彼女にミニブーケをプレゼントした反応はというと、、、とても喜んでくれました。

彼女がお風呂に入っている間に鞄からミニブーケを取り出し、彼女が部屋に入ってきた時にハッピーバレンタインとの言葉と一緒にプレゼントしました。

マッサージ券に関してはひと笑い取れまして、その日中にマッサージのご利用も入りました(笑)。

 

さいごに

バレンタインの話はもう少し加筆したいと思います。次回バレンタイン(2)の記事も書いていきます。

 

ブログを始めて1年が経ちましたが、今回ちょうど一年前の記事を引用記事として使いました。思いのほか文章量が少なく驚きましたね。

是非一度過去記事をご覧になって欲しいです。そして、私の成長を感じて下さい(笑)。

 

今回はベトナムのバレンタイン事情のような話を冒頭にして、男性から女性にという慣習をお伝えしました。そして、間髪入れずやって来るのが国際女性の日ですね。

もしバレンタインで失敗した男性陣はこちらで挽回してみてはいかがでしょうか。

国際女性デーについては下記記事をご参照下さい。

 

www.camonvietnam.work

 

 

ではでは🇻🇳